水ボトルの交換が一番楽なウォーターサーバーは。。。

  • Twitter
  • Facebook

水ボトルの交換が一番楽なウォーターサーバーは。。。

フレシャスデュオ

フレシャスデュオ

ウォーターサーバーの不満でよく言われるのが、

水の交換が大変

ということ。

キッチンにウォーターサーバーを設置しているご家庭が多いので、水の交換はキッチンに長く居ることが多いママのお仕事になっているようです。女性にとってウォーターサーバーのボトル交換は重労働。人によっては水の交換はダンナさんにお願いするなんて人もいます。

最近では7リットルとか8リットルの軽いパックが登場していますけど、前は12リットルボトルが当たり前で、中には18リットルボトルなんてボトルもありました。しかも、サーバー上部に水を設置するタイプがほとんど。最近はボトル交換の労力を軽減するために、足元設置タイプのサーバーも登場するなど、ボトル交換環境は徐々に女性に優しい仕様に変わってきています。

おしゃれなウォーターサーバーの代名詞的存在になっている「フレシャス」が、法政大学との共同研究でボトル交換しやすさを科学的に検証しました。

ボトル交換の使い心地を科学的に検証

アンケート調査、法政大学の実験結果をもとに、法政大学デザイン工学部・田中豊雄教授に検証結果を分析してもらっています。


水ボトルの交換は女性の方が多い

水の交換する人の割合フレシャスデュオを使用しているユーザーへのアンケートによると、約6割が「女性が交換している」と回答。

実際に周囲のご家庭を見ても、大体奥さんがメインで交換しているような気がします。


8割の女性がフレシャスは交換しやすいと回答

フレシャスボトル交換アンケートフレシャスデュオユーザーと他社12リットルボトル型ウォーターサーバーユーザーに「水の交換しやすさ」をアンケート調査したところ、

  • 他社12リットルボトル型:「交換しやすい」50%
  • フレシャスデュオ7.2リットルパック型:「交換しやすい」83%

という結果になりました。

たしかに7.2リットルパックは女性でも楽に持てる重さなので交換しやすいと感じるでしょうね。


dewo(デュオ)は腕への負担が少ない

ボトル交換のしやすさ比較サーバー

工学的な観点から3つのサーバーを調査。

調査の結果、デュオの7.2リットルパックが一番腕への負担が少ないことがわかりました。一番負担が大きいのは上置きタイプ12リットル。楽に交換できるイメージがある下置きタイプ12リットルも、上置きよりは負担が少ないものの、7.2リットルパックよりは負担が大きいようです。

ボトル交換の負担調査

結局水の重さが重要。

下置きタイプ12リットルのウォーターサーバーを使っていたママさんが、

「下置きって言っても、結局持ち上げてサーバーに設置する作業は同じだから、あんまり楽になった気がしないのよね…。」

とおっしゃっていたことを思い出します。

下置きならフレシャスのSLAT(スラット)は9.3リットルボトルなんで、12リットルボトルよりは楽だと思いますけどね。

フレシャススラットの詳細はこちら


dewoは交換がスムーズ

水ボトル交換スピード

交換にかかる時間がdewo(デュオ)は短かったようです。下置き12リットルが一番時間かかって、次が上置き12リットル。下置きタイプはボトル交換するまでに色々行程があるんでその分時間がかかるんですよね。

時間をかけずにすぐ水交換できるかどうかって結構重要です。例えば、今すぐ水を使いたいタイミングで交換しなければいけなくなった場合など、さくっとボトルをセットしてすぐに水を使いたいのに、交換するまでの行程が色々あるとめんどくさいんですよね。

実験に参加した小さなお子さんがいる30~40代のママさんたちも一番楽だったのはdewoだった模様です。

一番楽に水を交換できるウォーターサーバーはどんな設計と操作性?

アンケート内容と実験結果を、法政大学デザイン工学部・田中豊雄教授が分析。

  • 筋力の弱い女性にも扱いやすい。つまり水が軽い。
  • ハイハイを始める直前の赤ちゃん(6~7ヶ月未満)の平均体重7.77kg(平成22年度厚生労働省統計)を抱き上げる育児経験を持つ女性にとって、dewoの7.2リットルという重さは扱いやすい重さである。
  • 水を設置しやすいサーバー設計も交換しやすさのカギ。

上記の条件を満たすウォーターサーバーである「フレシャスdewo(デュオ)」が「一番軽く」、「交換作業が簡単」、「扱いやすいサイズ」ということで、水の交換が最も楽なウォーターサーバーと言う結果になりました。

たしかに私自身も一番フレシャスdewo(デュオ)の水交換が楽だったように思えます。

水パックは軽いし、パックタイプなのでボトルよりも扱いやすく、何より設置も設置部分のふたを開けて、パックをセットし、ボタンを押すだけ。とても簡単でストレスがありませんでした。

フレシャスは下置きタイプのslat(スラット)もありますけど、こちらは下置きとはいえ、9.3リットルなので、持ち上げて逆さまにしてボトル設置部分に差し込むにはデュオ以上の労力が必要です。

そう考えると水の交換に関しては水の軽さが一番重要なポイントのような気がしますね。

でも一方でこんな意見もあります。

1パックあたりの水の量が少なくなればその分軽くなって交換は楽になるけど、水が少ない分交換頻度が増えてるから逆にそっちの方が大変(汗)重くても交換時に大変な思いをして、しばらくは交換しなくても平気な交換頻度で使える量の方が良い。

どちらも納得の意見ですね。

ご家庭の使用環境に合わせて一番マッチする方を選ぶようにしましょう。

フレシャス公式サイト

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
  • ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ