クリティアとcadoのコラボレーションウォーターサーバー

  • Twitter
  • Facebook

クリティアのcadoコラボウォーターサーバー

クリティアが生活家電メーカーcadoとのコラボレーション新ウォーターサーバーを発売しました。

デザイン性が高い人気のAmadanaコラボサーバー同様レンタルサーバーではなく、購入するタイプの買取ウォーターサーバーです。

購入タイプのウォーターサーバーって結構抵抗ありますよね。ほとんどのメーカーがサーバーレンタル料無料ですし、長く使うなら購入した方がお得というメリットも最早なくなってきていますから。

レンタルの場合は故障の際に交換対応してくれるメーカーも多いですが、購入タイプの場合保証期間外であれば修理費用自己負担という可能性もあります。

そう考えると躊躇しがちな購入サーバーですが、クリティアの買取サーバーはスタイリッシュなデザイン、使い勝手のよい機能などレンタルタイプにはない魅力がたっぷり。

ママ・プレママにオススメなポイントをご紹介します。

ボトル下置きタイプなのでセットが楽

下置きタイプなのでセットが楽
下置きタイプなのでセットが楽

12リットルボトルをサーバー上部にセットするのがキツいという女性は結構多いんです。

下置きタイプなので、力のない人でも楽々セットできます。妊娠中のプレママさんにとっても嬉しいつくりですね。

子どもが届かない給水ボタン

チャイルドロック
もちろんチャイルドロックもついてます。

給水ボタンが子どもが届かない高い位置にあるので安心です。もちろんチャイルドロックもついています。

ウォーターサーバーのチャイルドロックが効かず、乳幼児や幼児が火傷する事故が多発しています。チャイルドロックだけでなく物理的に届かない位置への給水ボタン設置を業界の基準として統一する動きもあるくらいですから非常に安心ですね。

ウォーターサーバーの火傷事故について

3年契約コースを選択すれば実質サーバー代が無料

購入代金は43,200円(税別)です。ウォーターサーバーを利用するにはこの代金プラス月々使用する水の料金がかかります。水の料金は12リットルボトル1本1,750円(税別)です。

3年間毎月ボトル4本という「ずっとクリティアプラン」に申し込めば、ボトル1本の料金が300円安くなり1,450円(税別)になります。

300円×4本×3年(36ヶ月)=43,200円

上記のような計算となり、水が割引されている分がサーバー代金と同額になるというわけです。

ただし、初回手数料3000円(税別)と途中で解約する場合は12,500円(税別)の解約手数料がかかるので注意。

とてもかっこいいサーバーなので興味のある人は是非チェックしてみてくださいね。

CADO×Clytiaのウォーターサーバー

ページの先頭へ