クリクラミオの方がいいのはどんな家庭?

  • Twitter
  • Facebook

クリクラミオの方がいいのはどんな家庭?

クリクラミオ
クリクラミオ

人気ウォーターサーバークリクラから新しいブランド「クリクラミオ」が登場しました。

全国の産婦人科に導入されているなど、その安全性とリーズナブルな料金でママ・プレママにも人気のウォーターサーバークリクラですが、クリクラミオとクリクラはどう違うのでしょうか?

契約内容など細かい違いはいろいろありますけど、大きな違いは2つ。

水の種類。

ボトルタイプ。

水の種類がRO水ではなく富士山の天然水です。そして、12リットルの回収型ボトルだったのが、ペットボトルタイプの8リットル使い捨てワンウェイボトルとなりました。

もちろんRO水で12リットルの回収ボトルがいいとおっしゃる方はクリクラを選ぶことも可能です。

でも最近はストック場所を考えるとワンウェイボトルの方いいとおっしゃる方が若い人を中心に増えている他、しっかり品質管理を行っているとはいえ水道水を利用したRO水よりも採水地が判明している天然水の利用を望む方が多いようなので、人気ウォーターサーバークリクラに登場した天然水ワンウェイタイプボトルのクリクラミオは待望のウォーターサーバーなのはないでしょうか。

じゃあこれからクリクラを導入したい人はクリクラミオにすればいいのでしょうか?他サーバーと比較する時と同様に、ご家庭の使用状況を考えた上でトータル的に判断する必要があります。

色々比較は面倒という人の為に簡単にですが、クリクラが向いているご家庭、クリクラミオが向いているご家庭というのを考えてみたので参考にしてくださいね。

クリクラミオ公式サイト

クリクラミオの特徴

ポイント 詳細
水の種類 富士山のバナジウム入り天然水。
採水地 富士山標高1,000m地点の地下253mから採水。
硬度 軟水(49)。
ペーハー値 8.2
乳幼児にオススメの弱アルカリ性。
水の配合成分 バナジウム、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム。
サーバーの
種類と料金
幅A4サイズとコンパクトな省スペースサーバー。
クリクラ同様、サーバー内のゴミや粉塵を除去するHEPAフィルター標準装備。サーバー使用量無料。
サーバーの見た目 シンプル…。
ボトル容量と料金 1本8リットル/1,100円(税別)。
ボトル材質と安全性 安心のPET素材。
使い捨てのワンウェイタイプなので資源ゴミや不燃ゴミとして捨てることができる。
賞味期限 未開封で6ヶ月。
開封後はお早めに。
契約期間 2年未満の解約で解約金8,000円
1リットルあたりの
料金
約138円
電気代 月3本位使用で平均700円前後とかなり安い。
配達地域 全国。
沖縄と離島を除く。
配送料金 無料。
(※1回の配送時に3本未満の場合は配送料500円)。
解約金 2年未満の解約で8,000円。
支払い方法 クレジット決済。
NP後払い。
メンテナンス 年に一度サーバーを無料交換。
口コミ評価 天然水使用のクリクラということで評判が高い。
1ヶ月の費用 約9,500円(1日約2リットルの水使用で計算)。
サーバーレンタル料0円+電気代約700円+水代(8リットルボトル8本分)8,800円+メンテナンス代無料。
備考 特にナシ。
クリクラ使用の人がクリクラミオに変更する場合変更手数料などはかからない。配送業者はヤマト運輸。

クリクラが向いているご家庭

  • RO水希望
  • 使用済の回収ボトルをストックするスペースが十分にある
  • クリクラママ(初回時ボトル6本無料提供)を利用できる資格アリ
    ※クリクラママの詳細はこちら
  • 1週間のお試し期間を利用したい
  • もしかしたら短期間で辞めちゃう可能性アリ。(クリクラは契約期間や解約金がない)

クリクラミオが向いているご家庭

  • 1ヶ月の水の使用量が少ない
  • 天然水希望
  • マンションなどボトルストックスペースがあまりない
  • 2年以上は必ず使う。(2年未満での解約の場合解約金アリ)

以上です。

あくまでざっくりと分けてみただけなので参考程度にしてくださいね。

クリクラとクリクラミオの細かい比較が見たいという人はこちら

クリクラミオ公式サイト

クリクラミオ

ページの先頭へ