フレシャス新規申込みが値上げ

  • Twitter
  • Facebook

フレシャス新規申込みが値上げ

フレシャス値上げ

グッドデザイン賞受賞でおしゃれなウォーターサーバーの代名詞とも言えるフレシャスウォーターサーバー。

昨今の物流事情の影響を受けて、2017年11月1日以降の新規申込みより、天然水の価格が改定されることになりました。

値上げです。

1箱300円の値上げ

FRECIOUS富士

7.2Lパック※dewo
  • 1パックあたり:(現状)1,080円⇒(改定後)1,155円
  • 1箱あたり  :(現状)4,323円⇒(改定後)4,623円
9.3Lボトル※Slat
  • 1本あたり  :(現状)1,356円⇒(改定後)1,506円
  • 1箱あたり  :(現状)2,713円⇒(改定後)3,013円
4.7Lパック※dewo mini
  • 1パックあたり:(現状) 850円⇒(改定後) 925円
  • 1箱あたり  :(現状)3,400円⇒(改定後)3,700円

FRECIOUS木曽

7.2Lパック※dewo
  • 1パックあたり:(現状)1,095円⇒(改定後)1,170円
  • 1箱あたり  :(現状)4,382円⇒(改定後)4,682円

FRECIOUS朝霧高原

7.2Lパック※dewo
  • 1パックあたり:(現状)1,065円⇒(改定後)1,140円
  • 1箱あたり  :(現状)4,260円⇒(改定後)4,560円

※表示価格はすべて税抜。
※主要サーバーのレンタルプランの価格のみ記載。
※その他のサーバーや購入プランの天然水価格につきましては、11月1日以降、フレシャス公式サイトにてご確認ください。

フレシャス公式


サーバー料金はもともと無料なので、値上げされるのは天然水の料金のみ。

  • 7.2リットルパック(dewoなど)は1パックあたり75円の値上げ
  • 9.3リットルボトル(slat)は1ボトルあたり150円の値上げ
  • 4.7リットルパック(dewo mini)は1パックあたり76円の値上げ

フレシャスは最低1箱から発送なので、月1箱しか利用しない人でも、

  • 7.2リットルパック(dewoなど)は1箱あたり300円の値上げ
  • 9.3リットルボトル(slat)は1ボトルあたり300円の値上げ
  • 4.7リットルパック(dewo mini)は1パックあたり300円の値上げ

1箱あたり300円の値上げとなります。

2箱利用していた人は月600円の値上げ。

1年で7,200円。

結構大きいですよね(汗)

既存利用者、及び2017年11月1日以前の申込み者は旧価格のまま

とりあえず現時点(2017年10月30日)で値上げが発表されているのは2017年11月1日の新規申込み者からのみ。すでにフレシャスを利用している人や、新規価格適用開始日の2017年11月1日以前に申込みの方はとりあえずは旧料金が適用のままです。

でも、値上げの原因が物流事情の影響らしいので、いずれは既存のユーザーの方も値上げになりそうな予感はしますよね。

デザイン性の高いサーバーと、美味しいお水でママ・プレママと女性を中心に人気のフレシャスですけど、今までの料金の高さを指摘する声はありました。今回の価格改定によってより高くなってしまいますけど、その分サーバーのアップデートや、新規サービス登場などで還元して欲しいところですね。特に新規サーバーの使い勝手の良さは毎回パワーアップしているのでその辺は期待したいところです。

11月1日まではまだ時間があるので、フレシャス導入を迷っている人は今がチャンスですよ!

フレシャス公式

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
  • ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ