新生児のためのウォーターサーバーの選び方

  • Twitter
  • Facebook

新生児のためのウォーターサーバーの選び方

新生児
新生児に飲ませる水は?

生まれたばかりの新生児は胃腸の働きが不十分なので、ミネラルなどが過剰に含まれている水は不向きと言われています。

新生児に合う水は、何も入っていない純水(ピュアウォーター)です。

新生児の為にウォーターサーバーを選ぶ場合は、水の種類はピュアウォーター!と言いたいところですが、ミネラルウォーターでも大丈夫だったりします。

各メーカー共、ママ・プレママ用として、新生児に使用しても安心なミネラルバランスに調整しているためです。そのまま飲んでも、粉ミルクと調乳して飲ませても含有ミネラルの量が調整されているので、胃腸機能が未熟な新生児でも負担にならないと言われています。

ミネラルウォーターとピュアウォーターの違いは?

新生児に利用してもいい水は?

  • 軟水
  • 水道水は煮沸してから
  • ピュアウォーター
  • 赤ちゃんが飲んでも大丈夫なバランスに調整されたミネラルウォーター

離乳食を口にするまで…つまりは、生後5~6ヶ月までの赤ちゃんは、基本的に母乳やミルク以外の飲み物は必要ありません。ただ、お風呂上りや夏場など、汗をかいた状態では水をあげることもありますね。

とはいえ、水ならなんでも飲んでいいいわけではありません。水道水には塩素が含まれているので、そのまま胃腸が未発達の赤ちゃんにはNG。必ず10分以上の煮沸をして残留塩素(カルキ)を抜き、冷ましてから与えるようにします。

新生児にはペットボトルやウォーターサーバーの水を使うママが増えています。軟水であれば基本的大人が飲用している市販のペットボトルで問題はないと言われていますが、赤ちゃん用に調整されたペットボトル水も販売されています。ウォーターサーバーの水はどれも赤ちゃんや新生児用に調整されているので安心して利用可能です。殺菌処理方法を確認し、加熱殺菌・煮沸消毒されているものを選ぶママもいます。

与える量としては、最初はスプーン1杯程度にしておきます。冷たい状態ではなく、常温もしくはぬるめの白湯が赤ちゃんの身体への負荷も少なくて済みます。ちなみに、市販の水やウォーターサーバーを選ぶ際には、できるだけ日本の天然水やRO水など硬度の低い軟水がおすすめ。ミネラルやカルシウムが多く含まれている硬水は、赤ちゃんの内臓に負担となりますのでおすすめできません。

赤ちゃん、新生児でも安心な水はどんな水?

新生児のミルク作りにはウォーターサーバーがオススメ

赤ちゃんのミルク作りには、ウォーターサーバーがあるととても便利です。常にお湯がキープされているので、ミルク作りにも手間がかかりません。また、安全面でも品質管理がしっかりされており、もちろん放射能汚染などの心配もないので安心です。

しかも、最近のウォーターサーバーには、調乳モードというミルク作りに適した温度をキープするウォーターサーバーもあり、夜中のミルクもすぐに対応できます。一般的なウォーターサーバーは85~90度ぐらいの設定になっていますので、赤ちゃんが飲めるように冷ますのも大変。調乳モードで70度くらいをキープできれば、手早くミルクを冷ますことが可能。しかも、この70度という温度は、しっかりと殺菌できる温度でもあります。

赤ちゃん、新生児にウォーターサーバーがオススメな理由

赤ちゃん(新生児)にウォーターサーバーはいつから必要?

出産前の導入をオススメします。

ウォーターサーバーには残留塩素や細菌、不純物などの心配がなく、多くのメーカーが放射能検査を実施していることからも、安心して口にできる水といえます。ほぼ無菌状態であるがために、赤ちゃんのミルク作り、そして成長して水分補給をするようになった時にも大変役立つものといえるでしょう。長い目でみて、あると便利で安心です。

そうしたことからも、ウォーターサーバーの導入は、早ければ早いほどいいといえます。成長してから導入するとなると、「あの時にこれがあれば、どんなに楽だったか…」と思う事も多いようです。赤ちゃんのミルク作りにも大活躍すること間違いなしですから、生まれた時からあると大変便利。

妊娠中も口にする食事や飲用水を気にするママが増えていることから、最近では妊娠中からウォーターサーバーを導入する人も増えています。

赤ちゃんが生まれて新生児のうちは、昼夜問わず、育児に追われ怒涛の忙しさとなります。ミルク作りの負担を少しでも楽にするために導入したウォーターサーバーのトラブルで、余計な手間がかかっては意味がありません。導入後にトラブルがあった場合でも余裕をもって対応できるよう、できれば出産前に余裕を持って導入することをオススメします。

里帰り出産対応にも対応してくれるウォーターサーバー

赤ちゃん目線も大事だけど、大人も満足できるウォーターサーバーを選ぶことが大事!

今のウォーターサーバーはどのメーカーも品質面は問題ありません。しかも各社、それぞれ赤ちゃんや新生児が利用しても安心の水、サーバーを目指しているので、赤ちゃん目線でどれがいいの?という部分も実際どのメーカーを選んで安全面、品質面は問題ないと言えます。

選ぶ際のポイントとしては、基本的に大人が使って満足できるもの。赤ちゃんへの安全面はどのメーカーも大丈夫ということであれば、あとは使用する大人の使い勝手が良い方がいいですよね。実際に利用するのは大人、つまりママやパパです。水自体は赤ちゃんによくても、使い勝手が悪かったり、月々のコストが予算に合わなかったり、水の味が苦手だったりしたら長続きしませんよね。そういう意味でも大人が満足できるウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。


月額コストが予算に合うもの

月額コストをしっかり計算しましょう。

  • サーバーレンタル料(無料のところもあり)
  • 水の購入代金
  • 電気代

主なウォーターサーバーの使用コストは以上となりますが、メーカーによってはメンテナンス費用なども年単位でかかるところもあります。月の水使用量を想定し、事前に月額費用を計算し、月間コスト、年間コストを出し、予算の合うメーカーを選ぶようにしましょう。ほとんどのメーカーで1年や2年といった契約期間が決まっています。契約期間内の解約には解約手数料がかかるので、予算が合わず途中で解約といったことが内容事前にしっかりチェックしましょう。

ウォーターサーバー料金比較


見た目も大事

最近のママ・プレママは予算や機能よりもウォーターサーバーの見た目重視の人が増えています。ウォーターサーバーは大きく目立つものですから、家のインテリアや内装にマッチしたものを選びたいという気持ちはわかりますよね。最近ではキッチンだけでなくリビングに設置するご家庭も増えています。フレシャス をはじめとしたおしゃれなウォーターサーバーが増えているのも見た目が重要視される要因の一つでしょう。

おすすめなおしゃれウォーターサーバー


水の種類とノルマをチェック

赤ちゃん(新生児)が飲めるかという点ではほとんどのメーカーが大丈夫です。あとは大人が安心できる基準を満たしているかどうか。ピュアウォーターかミネラルウォーターか、RO水か。殺菌処理方法なども比較の対象となるでしょう。

あと、重要なのが注文ノルマ。多くのメーカーでひと月あたりの水の注文ノルマが定められています。注文ノルマ分頼まなくても平気ですが、ノルマに届かない場合は手数料がとられることになります。ご自宅の月の使用量をざっと計算して、マッチしたメーカーを選ぶことも月額コストを抑えるのに役立ちます。

各ウォーターサーバーメーカーの注文ノルマ


配達地域と配送方法

配達地域内かどうかのチェック。そして、配送方法をチェックしてください。定期配送の期間や、水が余っている場合のキャンセル方法。逆に足りない場合の注文方法などもチェックしてください。この変がスムーズじゃない業者を選ぶとあとあとイライラするんですよね(汗)


契約期間と解約方法

契約期間と解約方法を事前にチェックしてください。ほとんどのメーカーが契約期間を設けています。一年以内に解約したら、解約金がかかりますよって感じです。

各ウォーターサーバーメーカーの解約条件


赤ちゃんプランがあるウォーターサーバー

育児中のママ用にお得なキャンペーンを行っているメーカーも多数存在します。一定量の水が無料になったり、育児に役立つグッズがもらえたりと色々ですけど、かなりお得になることは間違いないので利用しない手はありません。

赤ちゃん、妊婦さんにオススメなウォーターサーバー

ページの先頭へ