PM2.5。水道水は大丈夫?

  • Twitter
  • Facebook

PM2.5。水道水は大丈夫?

PM2.5を防ぐN95マスク
PM2.5を防ぐN95マスク

中国から大気汚染物質PM2.5が飛散してきて、日本列島に深刻な健康被害を与えるのではないかと心配されています。

特に九州地方では、PM2.5と一緒に飛んできた黄砂の影響もあり、大気が霞んでしまうほどだとか…。

かなり怖いです…。

中国ではすでに1万人近い死者を出しているというこのPM2.5。いったいどんな物質なのでしょうか?

PM2.5とは、粒子の直径が2.5マイクロメートル以下の微粒子のことをさします。喘息の原因と言われるハウスダストの直径が約10マイクロメートル、花粉症の原因の一つと言われるスギ花粉の直径が20マイクロメートル以上と言われているので、かなり小さい粒子だということがわかりますね。

成分は様々な化学物質で、粒子の直径が小さいため、肺の奥まで届き肺がんのリスクを高めるなど、健康への影響が大きいと言われています。

飛んできてしまったものはどうすることもできないので、自分達で身を守るしかありません。

PM2.5から身を守る

空気清浄機
空気清浄機
  • 外に出る時はマスクをする
  • 家の中は空気清浄機をつける

最低でもこれくらいのことは必要ですよね。

超微粒子のPM2.5は家の中にも余裕で入ってくるそうなので、空気清浄機は必須です。

マスクも通常のマスクでは粒子が通り抜けてしまうのでN95といったPM2.5対応のマスクをオススメします。子供用もあるのでチェックしてみて下さいね。


食べ物と水道水

あと、気になるのは食べ物や水道水。

屋外の食べ物を洗わずにそのまま摂取するのは止めた方がいいみたいです。

水道水は大丈夫なのでしょうか?雨水や川の水を浄水して利用する水道水はPM2.5がたっぷり入ってそうですよね?でも安心してください。

日本の浄水システムはPM2.5は除去できるのは水道水への混入は心配しなくても大丈夫!

なんです。

福岡水道局の人に確認しました。

「PM2.5と言ってもその構成物質は色々ありますが、基本的には浄水場のろ過システムがあるので、原水・採水域に混入したとしても問題はありません。」

とのことです。

でも、浄水場によってはシステムにバラつきがあり、できるところとできないところがあるという噂を聞いたこともあります。その辺はどうなのでしょうか?

「九州の水道局は中国が近いのでPM2.5に関する水質検査結果をホームページ上に公開しているところが多いですが、他地方の水道局でも同じようなろ過システムを使っているので公開していなくても大丈夫なので安心して下さい。」

とのことでした。かなり安心しました。

でも、水道水は安全でも空気中のPM2.5が危険なことにはかわりません。

飛散予想が多い日は特に、外出時のマスクは絶対ですね。これからの乾燥する季節は風邪のウィルスなども蔓延するので、家の中でも空気清浄機もあった方が安心ですね。

マジックボール
除菌・消臭・香りが最高レベル

最近見つけたマジックボールという空気清浄機がオシャレで可愛くてオススメです。空気清浄機能はもちろん、ウィルス殺菌効果のある20種類以上の香りを選ぶことができるとこれからの季節に大活躍しそうです。

マジックボールがもっと詳しく知りたい人はこちら

ページの先頭へ