RO水とは?|安全?危険?天然水との違いは?

  • Twitter
  • Facebook

高性能なフィルターできれいに!RO水

RO水
RO水

ウォーターサーバー用に利用されている水は大きく分けて2種類。ミネラルウォーター(天然水)とピュアウォーター(純水)です。

ミネラルウォーターは色んなところから採水した自然の天然水。ピュアウォーターは水源は決まっておらず、水道水などの原水をフィルターによって不純物を除去した水となります。

このフィルターは各メーカー毎に異なりますが、多くのメーカーはRO膜処理というフィルター処理を採用しており、RO膜処理を施された水のことをRO水と呼びます。

RO水とはRO膜処理された水のこと

RO膜ろ過システム
出典:アクアクララHP

ROとはReverse Osmosisの略。膜処理の「膜」とは逆浸透膜とも呼ばれ、これは0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターのことをさします。つまり、このフィルターを通して不純物を取り除いたのがRO水というわけです。

塩素やカルキ、花粉などの除去はもちろん、コレラ菌や大腸菌といった微細はウイルス、取り除くのがとても困難なダイオキシンやヒ素、ホルムアルデヒドといった環境物質や農薬類、ハロゲン化合物、水銀、鉛といった重金属、さらにはカルシウムやマグネシウムといったミネラル分までろ過することができるので、限りなく不純物を取り除いた形の純水(ピュアウォーター)を作ることができるというわけです。


人工的ミネラルを添加したデザインウォーター

純水はそのままだと味的にちょっと物足りなさを感じる人が多いので、人工的にミネラルを追加するデザインウォーターとして市販されている場合が多いです。不純物ゼロのきれいな水でも、おいしくなくては飲み続ける事はできません。


RO水は採水地が決まっていない

RO水はフィルターによってどこの水源の水でも同じピュアウォーターに変えることができるので採水地というものがきまっていません。つまり、どこの水でもRO水を作ることができるというわけです。

どんな原水でも同じクオリティーの水を人工的に作ることができるので、天然水などに比べ比較的安価な料金設定となっています。

RO水と天然水の違いは?

RO水はろ過された純水

RO水は高性能フィルターによって限りなく純水に近い状態にろ過された水。人工的にミネラルが加えられる場合もあります。

フィルターによって作るので原水を選びません。


天然水は大自然にろ過されたミネラルたっぷりの水

天然水とは、地球の大自然が長い年月をかけてろ過したミネラル豊富な水のことです。富士山麓や南アルプス、熊本阿蘇、海外だとハワイ諸島の天然水などがウォーターサーバー用の水として用いられています。

採水後に加熱処理や非加熱処理など、各メーカー毎に殺菌や除菌処理を行ってから人々の口に入ることになります。

ミネラルウォーターとピュアウォーターの違いは?

RO水の安全性・放射性物質の危険性

RO水は超細かいフィルターを通してろ過されますが、そのフィルターは病気のウィルスや環境ホルモン物質だけでなくミネラルまで取り除いてしまうほどの性能をほこります。また、放射性物質も通さないとも言われていますが。こちらはメーカーによって発表している内容が異なるので各メーカーに問い合わせてみましょう。

どちらにせよ、衛生面や安全性という面では安心していいことには間違いありません。

RO水も天然水も安全性は問題なし
RO水と天然水、どちらがいいか?

安全面や衛生面はどちらも問題ありません。水の安全性という一番重要な部分をないがしろにするようなメーカーはありませんので、水の品質に関してはどのメーカーも安心してお使い頂けると思います。

では、何を基準に水を選ぶか?

味の好みとその他の部分です。

RO水と天然水では味が違いますからね。好みの方を選べばいいんです。あとはサーバーデザインは月間コストなど水の種類以外の部分を含め、トータルで判断するようにしましょう。

ウォーターサーバーは放射能の心配なし!?

ページの先頭へ