粉ミルクの調乳に便利なウォーターサーバー

  • Twitter
  • Facebook

粉ミルクの調乳に便利なウォーターサーバー

ウォーターサーバーは赤ちゃんのいる家庭に最も適していると言われています。その理由をご説明しましょう。

温水・冷水機能で粉ミルクの調乳が楽!

温水・冷水機能
チャイルドロック付きを選びましょう

育児はとても忙しいです。特に生まれたばかりの赤ちゃんの場合、昼夜関係なく約3時間おきにミルクを与えなければいけません。母乳で育てるお母さんは多いですが、母乳を嫌う赤ちゃんや、母乳が出なくなってしまったときのためにミルクと母乳を併用するお母さんも増えています。

ミルクを与える際の調乳が結構面倒です。
未開封の粉ミルクのなかには脳髄膜炎等の原因となる「E.sakazakii菌」という大腸菌が混入しているので、除去するために70℃以上のお湯で調乳しなければいけません。そして、与える際にはそれを人肌程度まで冷ます必要があります。

この人肌レベルに冷ますのが何気に超面倒。

溜めた冷水の中に哺乳瓶を入れて冷やしたり、哺乳瓶を流水につけて冷ましているお母さんも多いと思います。時間も水道代もかかるし、何より夜中など眠くて疲れているときにこれをやるのはかなりの労力です。しかも、毎日繰り返されます。

今日は休む!

というわけにはいきません。であればなるべく簡単に済ませたいですよね?

ウォーターサーバーは温水機能冷水機能がついているので煮沸と冷まし両方を簡単に行うことが出来ます。温水機能は大体常時80℃~90℃の熱湯が出るようになっているので、お湯を沸騰させる手間が省けます。そして冷水機能は大体常時5℃程度の冷たい水が出ます。

しかも、沸騰させずそのまま赤ちゃんに飲ませても安心な水です。

まずは熱湯で粉ミルクを殺菌し、その後冷水で人肌程度まで温度調節することが出来るというわけです。時間と手間をかけずミルクを調乳することが出来るので、夜中など急遽ミルクをあげなければいけないタイミングで非常に助かります。

定期的に自宅まで水を配達してくれる

配送
写真はアルピナウォーターの配送

ウォーターサーバーなら、まとまった数のボトルを自宅まで定期的に届けてくれるので、育児で忙しいお母さんにとって非常に助かります。

同じ量の水をペットボトルで購入するとかなりの重さになりますし、ましてやベビーカーに赤ちゃんを乗せながら運ぶとなると容易ではありません。

ペットボトルをネット通販で購入すれば同じように家まで届けてもらえますが、調乳時の手間を考えたらウォーターサーバー利用した方がはるかに楽でしょう。

ウォーターサーバーにかかる費用はそれほど高くない!

便利なのはわかったけど、それでも月額コストを考えたらやっぱりちょっと…。

費用を考えて尻込みするお母さんも多いと思いますが、

ウォーターサーバーの月額コストはペットボトルで水を購入するよりも高いですが、色々なメリットを考えるとそれ程高く感じなくなると思います

具体的には、サーバー代(ないものもアリ)、水代、電気代の3つ。

レンタル料、水代はサーバーによって異なりますが、電気代はほとんどのサーバーが月平均1,000円前後と電気ポットの電気代よりも安く、仮に水を一日2リットル使うと考え計算すると、ウォーターサーバーの1ヶ月にかかる総費用は平均して大体8,000~10,000円ほどと言われています。

月10,000円かかったら高いよと思われるかもしれませんが、これは1日2リットル計算の場合です。ほとんどの家庭では用途に応じて水道水とウォーターサーバーの水を使い分けるといった工夫がされており、一ヶ月通してみると1日2リットル以上使う家庭は稀だと思います。
1日1リットル以下の使用であれば、5,000円以下の料金で使用することも可能です。

ペッドボトルで水を購入し、電気ポットを使用して粉ミルクを調乳するよりも安いとは言いませんが、お湯を沸かすガス代、電気ポットの電気代、冷たい水を飲むために冷蔵庫を開閉する電気代、ペットボトル購入の手間、ミルク調乳の際の冷ます手間、流水で冷ましたとしたらその水道代…、トータルで考えるとウォーターサーバーを利用した方がはるかに便利で経済的にもそれほど変わりません。

変わらないなら便利で安全な方を選びたいですよね!

ウォーターサーバーとペットボトルの具体的な料金比較はこちら

ページの先頭へ