ウォーターサーバーの水は水道水よりも汚い可能性アリ!

  • Twitter
  • Facebook

不織布三層構造マスク

ウォーターサーバーの水は水道水よりも汚い可能性アリ!

細菌

衛生面や水質の安全面にこだわってウォーターサーバーを利用している人も多いと思いますが、使い方によっては細菌だらけで水道水よりも汚い可能性があるという調査結果が発表されました。

麻布大学の古畑勝則教授の調査によると、

検査した家庭や会社の約30%のサーバーの水が、水道水の基準細菌数を上回った

そうです。

この調査結果は2014年に発表されています。当サイトでは、細菌を増やさないためにもウォーターサーバーの水に定められた消費期限をしっかり守る必要があるという記事を掲載いたしました。

https://babys-water.com/qualityofwater.html

最近のニュースでは、水の消費期限だけでなく、サーバーの衛生状態が問題だと指摘しています。

ウォーターサーバーは各メーカーごとにどのようにメンテナンスするか決められています。サーバー内部のメンテナンスは、自動のメンテナンス機能がついていたり、期間毎にメーカー側が回収メンテナンスを行うので比較的しっかり行う人も多いですが、忘れがちなのが外部のお手入れ

外部のお手入れ箇所は各メーカー共ほとんど同じ。

  • ボトルの差込口・設置箇所
  • 蛇口・注ぎ口
  • 本体全体(水の受け皿部など)
  • 背面

などですが、特に重要なのは注ぎ口や水の受け皿など、直接水と触れる箇所です。

健康被害を及ぼす最近に詳しいFCG総合研究所の橋本一浩氏によると。

「常に外気にさらされているウォーターサーバーの注ぎ口には、ばい菌やカビの温床となる『バイオフィルム』ができやすい」

「注ぎ口や受け皿のメンテナンスを怠れば水垢やカビが発生するし、受け皿の水が腐れば異臭が発生することも。不衛生なサーバーの水を口にしたからといって、ただちに健康に影響が出るわけではありませんが、病原性を持つ細菌やカビが口に入ってしまう可能性は十分にあります。絶対に安全、とは言いきれません」

とのこと。

https://news.livedoor.com/article/detail/11036565/

 

美味しく、衛生的にも安心な水を利用するためにも、日頃からウォーターサーバー外側のお手入れは忘れずに行いましょう。

ウォーターサーバーメンテナンス方法を比較してみました

ページの先頭へ

Check!!マスク通販サイト