ウォーターサーバーは赤ちゃんに必要!?

  • Twitter
  • Facebook

ウォーターサーバーは赤ちゃんに必要!?

粉ミルク調乳写真

赤ちゃんや幼児がいる育児中のご家庭への導入が増えているウォーターサーバー。もともとはオフィスや美容室、お店など、人が集まるところの自動給水用として用いられることが多かったウォーターサーバーですが、東日本大震災以降、水や食の安全性を求めて、赤ちゃんのいるママや妊娠中のプレママを中心に注目を集め、高額と思われていたコスト面がそこまでじゃないとわかると一気に導入するご家庭が増えました。

安心で美味しい冷水、温水がいつでも好きなタイミングで利用できるということで一度使ったらやめられない人が続出。大人にとっても非常に便利なウォーターサーバーですけど、赤ちゃんや小さい幼児がいるご家庭にもたらす利便性はより特別。

それでも月々ランニングコストがかかるものですから、本当に必要かどうか悩む人も多いようで、

赤ちゃんにウォーターサーバーって本当に必要?

と悩んでいる人も多いようです。

個人的な感想を言うと、ウォーターサーバーは育児がとても楽になるアイテムだと思います。特に赤ちゃん、乳幼児の育児をしているときが一番恩恵を感じると思います。あれば絶対に便利

必要か不要かという話でいうと、絶対になくてはならないという物ではありませんから、良い面と悪い面をふまえた上で費用対効果を見てどうかだと思うんですよね。

というわけで、必要かどうかわからず導入に悩んでいる人のために、わたしを含む実際にウォーターサーバーを導入している赤ちゃんがいる家庭のママにウォーターサーバー導入のメリットとデメリットを聞いてみました。

ママたちの意見を参考にウォーターサーバーが必要かどうか判断してくださいね。

新生児のウォーターサーバー選びで迷っている人はこちら

赤ちゃんにとってウォーターサーバーの良いところ

夜中のミルクの調乳が本当に楽。

夜のミルクイラスト

何といってもみなさんおっしゃるのはミルク作り(調乳)の便利さ。お湯を沸かしたり、冷ましたりする手間がなくなるので、体力的にもしんどい夜中の調乳も本当に楽になります。

 

「最初はミルクと母乳の混合授乳だったんで、夜中は母乳で楽だったんですけど、後半は母乳をあまり飲まなくなってきたんで、ミルクオンリーになりました。ちょうどその頃冬の時期だったので、夜中のミルク作りが大変でした。

さっさと作って布団に入りたいんですけど、お湯を沸かして調乳して、飲める温度まで冷ましてっていう一連の作業に時間がかかって眠い夜中とか本当に辛かったです。

ウォーターサーバー導入後は、熱水と冷水で調乳が一瞬でできるので、本当に助かりました。種類によっては調乳してそのまま飲める温度の水が出るウォーターサーバーをあるようなので、それならもっと楽ですよね。」(30代ママ)

 

水の品質を考えると調乳ポッドよりもウォーターサーバーの方が便利。

調乳ポッド

授乳に最適な70℃で保温してくれる調乳ポッドなどもありますが、ペットボトルにするか、水道水するか。どちらにぜよ水は他で調達する必要があります。水道水を躊躇するママさんは多く、ペットボトルかウォーターサーバーで迷うようですが、コスト的に高くなっても、毎月定期的に水を届けてくれるウォーターサーバーの方が便利と感じるママは多いようです。

 

「調乳ポッドも持っていますけど、結局ウォーターサーバーでミルク作っちゃいますね。調乳ポッドを利用するとなると、ペットボトルの水を別途購入するか、水道水を利用しなければいけません。

水道水は安全と言われていますけど、調乳の際は沸騰させてカルキを飛ばしたりする必要があるって聞いたので、そういった手間を考えるとやっぱり選択肢としては外れます。大人もウォーターサーバーの水を利用しているので、ペットボトルの水は購入していません。

ウォーターサーバー一つですべてがまかなえるっていうのが本当に便利です。乳幼児がいると、買い物にも中々行けないレベルで忙しいですから。届けてくれるうえに、調乳まで全部できるウォーターサーバーの便利さってやっぱり格別だと思います。」30代ママ

 

水を届けてもらえる便利さ。

ウォーターサーバーは水を定期配送してもらえます。忙しい育児中に重い水を買いに行く必要はありません。ペットボトルの水もネットで購入して届けてもらえるかもしませんが、特に購入する手間もかけずに勝手に定期的に配送してくれるのって想像以上に便利なんです。

 

「水が勝手に届いてくれるので便利です。使う量から判断して、大体これくらいのスパンでと、一度登録すればあとは良いタイミングで水が届いてくれるので本当に楽です。足りなくなったり、余ったりしたら、連絡すればすぐに対応してもらえますし。

ペットボトルの水を宅配で買うのも届けてもらえるという意味では同じですけど、プラスちょっとのお金を払うことでサーバーが使えて、いつでも冷温水が利用できて、赤ちゃんのミルク作りにも便利さが手に入るんであれば、わたしは断然ウォーターサーバーの方を選びますね。」20代ママ

 

水の安全性と安心感

赤ちゃんや妊婦さんに使ってもらうことを想定して作られたウォーターサーバーは水の安全品質には徹底的にこだわっています。免疫力が弱い赤ちゃんや妊婦さんにとって、やっぱり一番は安全な品質ですよね。

 

「安全な水を求めてウォーターサーバーにしました。ミルク作りの便利さとか、使ってみて感じたことは色々ありますけど、結局は赤ちゃんには安全な水を使いたい。っていうのがすべてです。

そういう意味ではペットボトルの水でもよかったんですけど、月のランニングコストを考えたら多少高くなるくらいで、うちの使用量で言うと月5,000円以内だったんで、であればウォーターサーバーの方がいいかなって感じで決めました。」20代ママ

 

緊急時の水の確保

水のストック量図

ウォーターサーバーの方が備蓄しやすい上に鮮度も保てます

水をストックすることで、緊急時用の水として利用できます。緊急時用の水や食料って、ストックしたまま何年も経ってたなんてことが多いですけど、ウォーターサーバーの水なら定期的に入れ替えができるので、常に新鮮な水をストックできます。

 

「震災とかの災害時などの備蓄用の水にできるのが安心ですね。常時ストックがある状態で、しかも、入れ替えることができるます。災害だけでなく、何らかの原因で一時的に水道水が利用できなくなることがあっても安心です。」ママ20代

 

以上のママさん達の声をまとめると、赤ちゃんにとってウォーターサーバーが良いところはこんなところ。

  • 美味しいミルクがすぐ飲める
  • ママの育児が楽になるので、その恩恵が赤ちゃんにもいくはずw
  • 安心・安全な水を飲むことができる

赤ちゃんにとってウォーターサーバーの悪いところ

逆に赤ちゃんにとってウォーターサーバー導入のデメリットはどんなものがあるのでしょうか?

ランニングコストが高い

水道水利用はもちろん、ペットボトルで水を購入するよりもウォーターサーバーの利用の方が月額コストが高くなります。ただし、メーカーや水の使用量によってはペットボトル購入コストと同じくらいのウォーターサーバーもあるので、ご自宅の使用量をふまえた上で検討してみることをオススメします。

 

「やっぱりお金がかかるところですね。水代の高いウォーターサーバーだと月額1万円近くかかるみたいですから。それでもウォーターサーバーのメリットを考えるとどうせ、ペットボトルで水を買うなら、少し費用が増えてもウォーターサーバーの方が便利かなって思います。

個人的な感想としては、お金を払った以上のコストパフォーマンスでした。子供が乳幼児のときは特に。」40代ママ

 

場所をとる

クリクラミオのストックボトル

ウォーターサーバーを導入するには、ウォーターサーバー本体の設置場所はもちろんですが、それ以外に定期的に配送される水のストック場所を確保する必要があります。都心マンションなどの住宅事情を考えると、水のストック場所を確保するのって結構大変です。

 

「うちはマンションなんで水の保管場所に困りました。サーバー本体は問題なかったんですけどね。最初は交換ボトルタイプのウォーターサーバーを利用していたので、使用前のボトルだけでなく、使用済ボトルも保管するスペースも必要だったんです。

ただ、今は使い捨てタイプのボトルやパックを採用したウォーターサーバーも増えているので、うちも途中から使い捨てパックタイプのウォーターサーバーに変更しました。使用済ボトルの保管がなくなっただけでも大分楽になりました。

設置場所や水の保管場所が小スペースでまかなえるように、最近のウォーターサーバーはコンパクトタイプが登場したり、さっき話した使い捨てパックの水が登場したりしています。ご自宅で無理なく使えるサイズのウォーターサーバーもきっと見つかると思うんで、スペースという意味では、昔よりも大分選択肢が増えて楽になったと思いますよ。」40代ママ

 

火傷事故

ウォーターサーバー火傷防止策イラスト

給水ボタンを高くして物理的に届かないようにしたサーバーも。

乳幼児が誤って熱湯を出してしまい火傷を負う事故が増えています。火傷防止のために各ウォーターサーバーメーカーは、チャイルドロック機能をつけたり、物理的に給水ボタンを届かない位置に設置するなど対策を行っています。

 

「ウォーターサーバーで子供が熱湯を出して火傷したっていうニュースを見たことがあったので、導入前はかなり心配していました。実物を見る前はもっと簡単にお湯を出せるかと思っていたのですが、実際はチャイルドロックなどもしっかりしていますし、そこまで不安に感じることはないかなという印象でした。ただ、メーカーや種類によっては、これは触っているうちにロック解除できちゃうかも?というロックが甘いものもあったので、導入時はチャイルドロックがしっかりかかるかどうかを重視しました。

実際に子供がウォーターサーバーでつかまり立ちして、給水コックに触れることはありましたけど、しっかりロックされていて問題ありませんでした。」20代ママ

 

以上のママさん達の声をまとめると、赤ちゃんにとってウォーターサーバーが悪いところはこんなところ。

  • 火傷する危険性がある
  • 保管場所と月額費用がママを苦しませ、負のオーラが赤ちゃんに…。

ウォーターサーバーは赤ちゃん、そしてママに必要

実際に使っているママさん達にウォーターサーバーの良いところ、悪いところを聞いた結論としては…。

 

ウォーターサーバーはママにとって圧倒的に育児を便利にしてくれるアイテム。

 

ということがわかりますね。

ママの育児が楽になれば、その恩恵はきっと赤ちゃんにもいくはず。

安全で美味しい水という意味では、ウォーターサーバー以外にもいろいろありますけど、総合的に判断すると、やっぱりウォーターサーバーは赤ちゃんのいるご家庭こそ使って欲しい必要アイテムかなって気がしましたね。

ウォーターサーバーが赤ちゃんに向いている理由

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ